ホーム » 抜け毛に潜む病気

びまん性脱毛症は単なる特徴|要はふつうに薄毛対策をすれば良い

びまん性脱毛症って言葉は
有名かどうかはわかりませんが
けっこう認知度は高くなってると思います。

一部分に限定せず頭髪が全体的に薄くなる症状なので
境界線がはっきりしない特徴があるってことは
多くの方がすでにご存知かもしれません。

でもこれ言い方がちょっと違うかなと思います。

どういうことかっていうと、
びまん性脱毛症っていう独立した脱毛症はないんです。

つまりそれは女性のみに見られる
髪の抜け方であるだけで特徴でしかないんですね。

だから「びまん性脱毛症」っていうより
「びまん性脱毛」っていったほうが正しいと思います。

ちなみにびまん(瀰漫)とは一面に広がるって意味です。


これが原因でびまんして抜けるってことじゃなく
女性は元々そういう風に抜ける特徴があるんですね。

てことで難しく考える必要はなく、
要はふつうに育毛対策を続ければいいんです。


ちなみに女性=瀰漫性脱毛症と
思われてるところもあると思いますが
実際一番多いのは女性男性型脱毛症(FAGA)です。


薄げに悩む女性の半数はそれだといわれてます。

ホルモンバランスが崩れることにより
女性ホルモンが減り、男性ホルモンの割合が
増えてしまうことがおきるとされてます。

てことで女性でも生え際が後退して
m字ハゲになる可能性も捨て切れないことになります。

でも閉経を迎えたとしても男性より
女性ホルモンが圧倒的に多いのは変わりないので
おとこの人みたいな禿げ方はしません。


まあ鉄欠乏症や甲状腺障害など特殊な事例を除き
基本は通常いわれてる薄毛対策をコツコツ続けましょう
って話なんですね。


⇒続けるべき正しい女性の育毛対策


タグ /

抜け毛は病気のサインの可能性もある|女性は男性より注意が必要

女の人の抜け毛原因としてホルモンバランスの乱れ
というのがよく取りざたされます。

でも髪が抜け落ちる原因はそれだけじゃありません。

抜け毛はなんらかの病気のサインである可能性だってあるのです。

代表例は甲状腺障害です。

喉仏付近にある小さな臓器ですが
甲状腺ホルモンというとても大事なものを
分泌してくれる器官です。

甲状腺ホルモンは髪の発育にも関連しますから
異常が起こると薄毛を招きます。


甲状腺障害には甲状腺機能低下症やバセドウ病、
慢性甲状腺炎(橋本病)などがあります。

甲状腺の病気は男性より女性の方が多い特徴もあります。


鉄欠乏症により髪が減ることもあります。

女性は生理があるため男性よりずっと
血液を失う機会が多い=鉄が消費しやすいんですね。


鉄は酸素を全身に届けるための
ヘモグロビンの材料となる重要なミネラルで
不足は髪の発育を遅らせてしまいます。


あと細菌繁殖やフケの増殖によるものもありますが
それは女性だけでなく男性もなる可能性があり
女性特有の症状ではありません。

髪を縛る機会が多いから一部に負担がかかって
薄毛になる牽引性脱毛症ってのもありますが
それは病気と言うより単なる物理的要因ですね。


甲状腺の病気や生理不順・鉄欠乏症が
原因の場合それらを治すことを第一優先にします。

病気が治らないうちに育毛剤を使っても
解決できない場合が多いですので。



逸早く髪を増やしたいなら
病気の治療と同時に育毛対策をする感じで。
(もちろん医師と相談の上で)


大前提となるのは体に負担をかけずに
育毛を促進することですね。



⇒そのおすすめ対策はこれ


Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。