ホーム » シャンプーの基礎知識

シャンプーのやり方は男女共通|髪が抜ける原因を作らないこと

シャンプーは髪と頭皮を洗うためのものですので
脱毛の根本対策にはなりません。

でもだからといって全く使わないわけにもいかないので
実質必須の私生活グッズですよね。

てことで今回は正しいシャンプーのやり方を
さらっとおさらいしていきますね。

1・まずはしっかり髪を濡らす

最初に湯洗いをすることで
汚れや皮脂の7〜8割以上はおちます。

汚れてたり髪が乾いてたりすると
泡立ちが悪くなって洗った気がしない
って人もいると思うのでちゃんとぬらしましょう。

ちなみに埃(ほこり)を落とす意味で
最初にブラッシングを推奨されることもあるけど
面倒なら特にやらなくても問題ないと思います。


2・頭皮マッサージと同時に行う

手でシャンプー液を泡立てたあと頭皮につけて
頭皮をもみもみしながら洗います。

生え際から天頂部にゆっくり動かし行く感じで。

それにより血行の促進と毛穴の皮脂を浮かすことになります。

注意点は絶対爪をたてないこと!

爪を立てる細かな傷が頭皮について
そこから細菌が入り込んで炎症を起こす危険性があります。


3・すすぎと髪の乾かし方

ある意味一番重要なのがすすぎ作業です。

いくら頭皮にやさしい成分でも残留すれば
常在菌の餌となり繁殖させる原因になります。

てことでシャワーだと最低でも1分以上、
片手桶なら10杯以上はかぶってください。


髪を乾かすときはバスタオルを押し当てるだけにします。
バッサバッサと雑に拭く人が多いですが
それだと髪が痛んでパサツキや切れ毛の原因になりえます。

ドライヤーは髪から20センチ以上はなして
同じ箇所に2秒以上あてないようにします。

髪は熱に非常に弱いので気をつけて。
頭皮に当てすぎても乾燥するので注意。


まとめると髪が少なくなる原因を
作らないようにしましょうってことなんです。

抜け毛が増えたからといって洗いまくっても逆効果なんで
冷静になってほしいと思います。


ちなみにコンディショナーや
トリートメントはいらないですよ。

それらは痛んだ髪をケアするものでしかないので
シャンプー同様薄毛を改善する効果はありません。


毛染めやパーマなどで痛みがひどい場合はいいですが
そうでなければ全く必要ない代物です。

やり方も含めそれは男性も女性も同じことになります。


シャンプーが抜け毛対策にならない理由

シャンプーで抜け毛は減らせる?女性薄げの根本対策は洗髪じゃない

たぶん一番勘違いされてるのが
シャンプーと薄げ対策についてだと思います。

巷では何種類あるの?ってくらい
いろ〜んな銘柄が店頭やネットショップに並んでます。

CMが良く流れてるし
すごく研究されてるそうなものなんだから
きっと薄毛にも効くでしょうというイメージが
深く根付いている感が覗えます。

でもシャンプーはあくまで洗浄剤でしかないんです…

髪に付着した目に見えない汚れや
頭皮から出てくる余分な油分・角質などを
「程よく」洗い流すものです。

つまり育毛剤とは役割が全くの別物ってことになります。

中には大豆エキスやらグリチルリチン酸やら
馬油とかナノ技術とかいろいろ盛り込まれてますが
それでも洗浄+α程度のことなので
抜け毛の根本対策はまずできません。

抜け毛が増えるってことはヘアサイクルが狂ってるという事で
髪の根元にある細胞をケアする必要があります。

だから仮に生薬成分がしっかり髪の根元まで
浸透させることができても洗浄剤まで浸み込むと
髪には良いとはいえないわけです。

でも大衆向けに作られた安いシャンプーは
石油由来の界面活性剤や変な着色料や香料など
余計なものがいっぱい含まれてるので、
なんでも良いってわけでもありません。


てことで安全性をうたったシャンプーを使う
って基準だけでOKですよ。

いわゆるアミノ酸系っていわれるものも
いろいろありますがぶっちゃけどれも大差ないと思います。


要は体に負担をかける成分が入っておらず
洗浄力が強すぎず弱酸性であればいいわけですね。



ちなみに人気商品とかをみると
よく男性用・女性用と分かれてますが
本来の区分け方は姿勢肌用と乾燥肌用です。

女性は男性より肌が敏感な人が多いので
女性向け商品はより低刺激に作られてるってだけで
別に女性が男性用を使っちゃダメなわけではないです。
(海外の医薬品入りのものは除く)


シャンプーに気合を入れてもいつまで経っても
抜け毛が減らないことになるので
毛根をケアすることに注力しましょう。


⇒最も理想的なケア方法

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。